週報。

毎週ひとつ以上のブログを書くことで、生活の振り返りを行うことを目標とするが、振り返ってみると毎週書けてない。

SPONSORED LINK

新居購入を「まだ考えてない」のか「考えたことがない」のか。住宅の情報収集はSUUMOカウンターをオススメする。

若い頃は、給料もそれほど高くなくて、貯蓄する余裕もなくて、

Webでは「賃貸と購入どっちがお得か」という記事が溢れていて。

(その記事の結論は大抵の場合、「ケースバイケース」と締められている)

 

そんな状態だから、「新居購入なんてまだ考えなくていいかな」程度の気持ちでいたんだけど、

あれ?そもそも実際に買えるのだろうか?

住宅ローンの審査って通るのか?

どのあたりの価格なら現実的に狙えるんだ?

何もしらないまま、なんとなく先送りしてるだけで知識がなさすぎる・・・

と思ったので、ちょっと情報収集してみたわけです。

 

先に結論書いちゃうと、

・とりあえずSUUMOカウンターで対面相談して情報収集がスタートとしてはよい

・クレジットカードの支払いは滞納するな

この2点。

 

Webで記事や解説を探して調べるのもいいんだけど、それだと情報鮮度と、ポジショントーク(自社物件を売りたい)を考えながら手探りで探さないといけない。

なので、SUUMOカウンターをオススメする。

ここのサービスは「マンション見学に行かせた数」がノルマになっているらしく、無理に購入を勧めるようなことはしてこない。

まだしばらく購入する意向がないことを伝えても、いろいろと今後のタメになる情報を教えてくれたりする。実際にタメになった。

物件数も自社物件じゃなく広告出している大半のマンションを紹介してくれるし、紹介された物件もSUUMOという第三者からの紹介なので、雑な扱いはされにくい(と思う)。

こんな書き方をするとリクルートのまわしものに思えるかもしれないけれど、個人的にはリクルート系はオラオラ系なイメージがあるのであまり好きではない。

 

一度、相談してみると、

・自分の収入状況で、どれくらいのマンションや新築が買えるのか

・50平米以上のマンションを買うと住宅ローン控除で最大400万円使える

・利率は0.1%でも総額で100万円くらい差がでたりする

なんていう、あんまり意識していなかったことを知れる。

 

あと、クレジットカードの支払い延滞はしちゃダメだ。

これは若いうちから意識しといたほうがいい。ある意味で貯蓄より大事かもしれない。

というのも、クレジットカードをたった一度延滞するだけで、住宅ローンが組めなくなったり、優遇利率が受けられず高い利息を払わなければいけなくなったりする。

一般的に、一度延滞すると数年はその情報がブラックリストとして登録される。なので、とりあえずクレジットカードは延滞すると、本当に数百万の損になる可能性だってある。

 

まさに僕はこれに引っかかった。

「とある銀行」で事前審査(これは住宅検討段階で、気軽にできるもの)をやってみたのだけれど、オススメ優遇金利で0.55%が受けられるところが、0.8%だと言われてしまった。小さな差に思えるかもしれないけれど、これだけで支払い総額が数百万変わったりするのだ。

 

クレジットカードは10年くらい使っているが人生で初めての延滞だった。あれは今年の梅雨のこと、楽天市場で買い物していつものクレジットカードで決済しようとしたら「楽天カードで決済するとポイント4倍ですよ!」とか表示がでたもんだから、つい楽天カードで決済した。しばらく使ってなかったので、昔の口座に登録されていることに気付かず延滞してしまった。数年間、僕のローン審査は厳しくなることになってしまった。

 

ちなみに「とある銀行」というのは楽天銀行だ。

もちろん僕が悪いのだが、なんというか、楽天め・・・。

 

 

PS.久々にブログ書くとタイプする腕が辛いし、リズムがわからなくて辛い。